膣カンジタ薬

私のおすすめの膣カンジタの薬

膣カンジタの原因

 

膣カンジタの原因は、カンジタ菌と言うカビの一種が原因で発症します。

 

膣カンジタを性病と勘違いしている人がいますが、カンジタは性病ではありません。

 

カンジタは性交渉の経験のない方でも発症します。

 

この菌はどこにでもいる常在菌で、通常では何も問題を起こす事は無いのですが、何かの体の変化で抵抗力が落ちたり、ペーハーが変化するなどでカンジタ菌は繁殖を始めます。

 

膣カンジタ菌は湿った部分が好きで膣は湿気が溜まりやすいので、膣内の環境の変化でこのカンジタ菌が急激に繁殖することにより起こります。

 

カンジタが発症したからと、普段から不潔にしていると言う訳ではありませんので、そのような心配の必要はいりません。

 

膣カンジタ薬

あくまでもカンジタは、膣内の環境がカンジタにとって、とても住みやすい状態になった時に繁殖を始めます。膣内に多くの常在菌がいてその環境が変化する事で膣内の常在菌の数も大きく変化します。

 

ただ、カンジタに感染している時は、膣内も炎症していて小さな傷が沢山ありますので、このときに性交渉をすると、万が一相手が性病を持っていると感染し易い事は間違いありません。

 

長い付き合いのパートナ―ではない場合には、相手がどんな菌を持っているのか分かりません。

 

膣カンジタに感染している時は、性交渉はできるだけ避ける方が賢明です。

 

膣カンジタが発症しますと、白いカッテージチーズのようなおりものが出てきますのですぐに分かります。

 

初めて見た時は、驚くでしょうが2回目にはもう驚く事も無いと思います。早期に気が付いて薬を使用しておけば、ほとんど問題なく治ってしまいますので、早期に手当てをしましょう。

 

又、薬は最小限で最大の効果がある事が体にはとても安全です。

 

膣カンジタを悪化させてしまって、余計な薬を多く使用する事は体にとっても決していい事ではありませんので、早期の治療で少ない量の薬で完治するように心がけましょう。

 

膣カンジタの症状

 

膣カンジタの症状

性行為経験が無くてもカンジタは発生します。

 

膣カンジタは常在菌であるカンジタが原因で、起こる病気です。

 

ですので、性経験が無い人でも膣カンジタになります。

 

膣カンジタは性病と思われがちですが、性病ではありませんので心配はいりません。

 

カンジタの症状は、独特のおりものと痒みです。

 

膣カンジタは、カッテージチーズのようなおからのようなおりものが出るのが特徴です。

 

健康な場合にはそのまま放っておいても自然に治る事がありますが、一度なりますと繰り返す事が多い病気ですので注意が必要です。

 

男性の場合には簡単に洗い流す事で菌を除去できますが、女性の場合は体の中に入ってしまいますので感染しやすいです。

 

免疫力の低下がカンジタを引き起こします。

 

カンジタは疲れなどで免疫力が落ちた時や、抗生物質などの服用中も免疫力が低下します。

 

また妊婦の方は体内でのホルモンバランスの変化が激しいため膣カンジタに掛かりやすいと言われています。

 

膣カンジタに感染している時は膣内膜の皮膚が炎症している場合が多いですので、なるべく性交渉はいないようにしましょう。ばい菌が感染しやすくなっています。

 

膣カンジタに掛かりやすい人は、生活習慣の変更を必要です。正しい生活を繰り返す事でこの病気になること防ぐことができます。

 

 

 

膣カンジタの症状

 

膣カンジタは膣内又は口の中にあるカンジタ菌が繁殖しておこる病気です。

 

通常はカンジタ菌を持っていても何の問題も怒りませんが、一旦免疫力が落ちますとカンジタが暴れ始めます。

 

又、この膣カンジタは繰り返す事の多い病気で、そのような方は膣内がカンジタ菌にとってとても住みやすい環境になってしまっているからです。

 

膣内は通常はアルカリ性になっていますが、これが酸性になりますと、カンジタ菌が住みやすくなります。

 

ですので、膣内がアルカリ性を保つように、生活週間を改める必要があります。

 

膣内を酸性に保つ方法として、いろんなサプリメントが紹介されていますが、サプリメントの効き目が怪しいものが多いので、あまりあてにはしない方がいです。

 

当サイトでご紹介しているダイフルカンジェネリック200mgなどは、膣内の潤いを保ち、性感も上げるなどいい効果がありますので、頓服としてたまに飲んでおくといいかもしれません。

 

また、パートナーの男性がカンジタ菌を持っていて、ピンポン感染しているようでしたら、男性に抗真菌剤を塗って、セックスをすると同時に治すことができます。

 

膣カンジタ薬

 

膣カンジタの薬

 

膣カンジタの薬

膣カンジタは、カンジタ菌と言う体についている常在菌が原因で起こる病気です。

 

健康な人ならば、自分の免疫で何も起きない菌ですが、ホルモンバランスの異常、ストレス、疲れなどで、体の抵抗力が落ちているときにカンジタ菌が増殖し始めます。

 

男性は、性器が外側に出ているため、菌が簡単に流れ落ちてしまいますので、カンジタになりにくいのですが、女性の性器は体の中に入っていますので、カンジタになりやすく、ほとんどの場合は、膣カンジタです。

 

体の抵抗力が落ちて、膣でカンジタ菌が繁殖しますと、独特のおりものがでてきます。

 

ヨーグルトのようなカッテージチーズのような、すぐに見て分かる異常です。

 

またカンジタは、多くの場合繰り返して起こす人が多いのも特徴です。

 

カンジタになって医者に行っても、することは同じで、くれる薬も同じ。そして料金も診察料、処方箋料、薬代といつもと同じです。

 

これってよく考えたら、薬だけくれれば、後は何も必要ないんじゃない

 

そうです。その通りです!

 

日本では薬の個人輸入が許可されています。この許可の範囲でしたら自由に海外のくすりを購入する事が可能です。

 

海外から薬を購入するメリットは、価格が凄く安い、面倒無い(家にいてネットで注文すれば2週間ぐらいで届く)

 

実際の個人輸入は代行してくれる会社がありますので、ショップを見つけてネット通販感覚で購入する事が可能です。

 

ですが、1点良く理解していなけばいけない事があります。個人輸入で購入した薬は全て「自己責任」になります。

 

こんな事を言われると、何となく躊躇してしまうかもしれませんが、もしいい加減な薬を販売しているところがあると、すぐに問題になり、販売を続ける事はできませんので、ネットで探せばどこが安全かはそんなに難しくなく探す事ができます。

 

下記にご紹介している薬は、実際ネットで販売しているカンジタの薬です。

 

ダイフルカンジェネリック150mg ニゾラル ニゾラルクリーム,カンジタ症,性病治療

膣カンジタのために作られた薬抗真菌剤です。タイフルカンのjジェネリックになりますので、値段も格安で済みます。このタイフルカンには女性の膣を潤して性感を上げる効果があますので、海外では、女性版バイアグラなどと言われています。

抗真菌薬としては、強く即効性が期待できます。同じような菌が元で出来る病気に水虫がありますが、水虫にも効き目があります。膣カンジダの場合: 1回2錠(400mg)を食直後に服用

ニゾラルのクリームタイプで、患部に直接塗って治す薬です。症状があまりひどくない場合には、患部にクリームをムる事で簡単にカンジタが治ってしまいます。彼のあそこに塗って膣内に塗るなんて方法もあります。

ラミシール(DASKIL) ラミシールクリーム(DASKIL) テルビナフィン(ラミシールジェネリック)

塗り薬で治りにくい、爪の水虫や、足の角質の水虫なども治してします。強力な抗真菌薬です。もちろんカンジタ菌にも良く効きます。カンジタの症状がひどく膣の入り口が炎症していたり痛みがある場合などは、このぐらいの強さの薬を使用しましょう。

ラミシールのクリームタイプになります。塗るタイプですので炎症しているところにピンポイントで塗る事ができます。のみぐすりがどうしても苦手な人はこのクリームを使用してみましょう。作用の強い薬ですので、薄く伸ばすぐらいでOKです。

ラミシールのジェネリックになります。効果は全く同じですが、ジェネリックですので、価格が安く購入できます。ラミシール自体もそんなに高いお薬ではありませんが、更に価格重視の方は、こちらがおすすめです。

 

膣カンジタと男性

 

女性が気になるのは、膣ガンジタの時に性行した場合に、男性にカンジタ菌が移るかどうかです。

 

やはり女性に多く発症する膣カンジタですので、男性に移してしまわないかと心配になります。

 

結論から、言いますと、男性が滅多にカンジタ菌には感染しません。

 

その理由は、女性の性器は体の内側に入っていますので、ばい菌が体の中に入りやすいのに比べ、男性の性器は外に出ていますので、ほんとどの場合簡単に洗い流されてしまいます。

 

男性の場合はカンジタ菌が尿道に入ってくるのですが、射精や放尿によって簡単に洗浄されてしまいますので、なかなかカンジタになりにくいと言えます。

 

また男性は女性に比べて尿道も長いので、簡単に菌が膀胱に行くことはなく、排尿によって外に出てしまいます。
男性は絶対にカンジタに感染しないかと言いますが、包茎の人や不潔な方は男性でもカンジタに感染することがあります。その場合は女性と同じように、カッテージチーズのようなカスが性器が出てきます。

 

男性のカンジタな稀ですので、うっかりそんな時に性交渉をしたとしても心配する必要はありません。

 

オーラルセックスが原因で、口腔内にカンジダが住み着いてしまう事があります。

 

この場合には男性、女性の区別なくカンジタ菌を保有していますので、男性でも治療が必要になります。

 

膣カンジタと男性

 

膣カンジタと間違えやすい病気

 

膣カンジタの原因

膣カンジタは抵抗力が落ちると簡単に発症して、早期に治療する事でなんら問題の無い病気ですが、この病気と似た症状の性病などがありますおで、膣カンジタと勝手に思い込み間違った治療をしていますと、症状が悪化してしまいます。

 

おりものが出る病気

・膣カンジタ
カッテージチーズのようなおりものが出ます。

 

・トリコモナス膣炎
匂いのある泡状のおりものが出ます。

 

・子宮頸管炎
子宮の入り口に痛みがあり、膿のような黄色いおりものが出ます。

 

膣カンジタト症状が似た病気

性器ヘルペス
・強い痛いや痒みと共に、性器に潰瘍や水膨れが出てくる。

 

接触性皮膚炎
・清潔にしていないまま長期に生理シートやおりものシートなどをしていると、その部分がかぶれて発疹や皮膚のただれを起こす。

 

外陰部パジェット病
・最初は陰部に湿疹ができて、かさぶたとなっていくが放っておくと、ガンになる。

 

★まとめ

膣カンジタは繰り返す女性特有の病気ですので、ついついいつものカンジタかなどと思って軽く考えていると違う病気だったなんてこともありますので、症状を良く見ながらなかなか治らないような時は早めに医者を受診しましょう。

 

腟カンジダの自然治癒

 

腟カンジダの自然治癒

膣カンジタは軽度の場合には、自然治癒する事もあります。

 

ですので、何となくおりものが多いなと思っていたら知らないうちに治っているなんてケースを存在します。

 

膣カンジタは常在菌であるカンジタ菌が免疫力の低下などににより急激に繁殖を始めるために起こる病気です。

 

もし自然治癒をお望みでしたら、生活習慣を改善して、健康な体を目指していくことで治す事が可能になります。

 

自然治癒もいいのですが、実際はカンジタ菌が膣内で繁殖を始めますと、膣内に小さな傷をたくさん作りますので、違う病気になる可能性があります。

 

ですので、出来れば軽度の内にくすりを使用して治してしまう事をオススメいたします。

 

又、カンジタ菌の繁殖が凄くて、重症になった場合には違う病気が原因の場合がありますので注意が必要です。

 

カンジタ菌によるものと似ている病気

 

1)おりものが沢山出てくる

 

・細菌性膣炎(さいきんせいちつえん):色が灰色で水っぽい。魚のようなにおいがする。

 

・膣トリコモナス症:量が多く黄緑色。強い悪臭が特徴。

 

・子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん):粘性があり薄い黄色のおりものがでる。

 

(2)酷いかゆみがある

 

・接触性皮膚炎:湿疹のひとつ。紅斑(こうはん)や丘疹(きゅうしん)が出来る。

 

・性器ヘルペス:性器に水ぶくれや発熱、痛みがある。

 

・皮膚掻痒症(ひふそうようしょう):見た目に異常はないが、かゆみが出てくる。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ